<   2010年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

New Stellaの名入れ

今日、NewStellaの名前が入った。
ポート側
f0206762_1963796.jpg

スターボード側
f0206762_1973155.jpg

スターン
f0206762_1991488.jpg

少しだけ機走を試したがなかなか舵効きの良い素直なボートヘルムの船だ。

そして夢の島マリーナに行き、旧ステラの挿し板を新しいのにして、いつでも嫁げるように準備してきた。
f0206762_1914391.jpg

一緒に作業を行った裏番長は
「ステラを見ているとなんだか寂しそうで忍びないね」
などと人を困らせる事を言う。

ちょっと後ろ髪を引かれる思いだが新しい嫁ぎ先で思う存分に活躍して欲しい。
なにせ手塩に掛けて育て上げたと自負しているんだから。。。。
[PR]

by teamstella | 2010-11-28 19:19 | レース

またまた手術。

f0206762_1735438.jpg

とは言っても今回は顔の手術。だからと言って美容整形ではない。
科目は似ているが、形成外科でまぶたに出来た眼瞼黄色腫という良性の脂肪の塊を切開にて取り除いた。
f0206762_1742488.jpg

診療台で簡単に取れると思っていたら本格的な手術だった。
リストバンドを巻かれ、患者衣に着替え、頭には不織布の帽子をかぶらされた。

全身に心電図や血圧、脈拍等のモニターのコードを繋がれ、バイタルをチェックする。
オペ室ナースが4人も配置について、前立ちの医者までいる。
その前立ちの医者は
「どのような手術なのか記録を残す為です」
と言いながら一眼レフで術中写真を撮りまくる。
まぁぼくの手術が少しでも何かの資料や教材になれば文句も言えない。

術前消毒に始まり、マーキング、麻酔注射となるのだが、局部麻酔なのでメッサーと話しながら手術は進む。

約30分で全て取り除き最後にナート(縫合)して終わった。合計1時間の手術だった。

術後の患者が待機するリカバリー室で鏡を見て驚いた。

眼の周りだけ見るとまるでフランケンシュタイン。
一応iphoneで写真も撮ったがとても見せられる代物ではない。
夜中に見るときっと腰を抜かす。

もし、どうしてもと言うなら12月4日のTYC大忘年会にお出で下さい。
ミニフランケンシュタインが見られます。
[PR]

by teamstella | 2010-11-22 18:00 | 健康

New Stella 2

NewStella の詳細その2

定員は10人。
f0206762_184882.jpg

エンジンは2GM 16PS
f0206762_1844935.jpg

コンパスはPLASTIMO。他にもデプス、風向・風速計、スピードログ。そしてGPSマルチディスプレー。
f0206762_1864213.jpg

そして何より特徴的なのがスターンにある隆起した造型デザイン模様
f0206762_1893861.jpg

キールも特徴がある。
NewStellaではないが偶然同じ艇種が上架されていたので許しを得て写真を撮らせてもらった。

こちらがトレーディングエッジ
離水抵抗を極力抑えたエルティプカルデザインにエンドが丸く盛り上がったバルブキール。スタビリティーに大きく寄与しそうだ。
f0206762_18155889.jpg

そしてリーディングエッジ
f0206762_18165157.jpg

デッキはほぼフラッシュデッキ。バウからスターンまで自由に動ける。
さてもう艇種がお分かりになっただろうか。
[PR]

by teamstella | 2010-11-20 18:06 | レース

New Stella

来年は大きな転機の年となりそうである。

今年TYCレース終了と共に艇を買い換える事になった。

僕は元々ディンギー上がりなのでミドルボート以上の大型艇は苦手だし余り好きではない。やはり自分の乗る艇は手足のように動かしたいというのが基本にある。
だからおのずとそのサイズは決められてくる。

徐々にNewStellaを明かして行く。

まずは艇の顔であるロゴである。今日そのロゴが出来上がってきた。
小さいのはスターンに貼る。
f0206762_18142087.jpg

[PR]

by teamstella | 2010-11-18 18:18 | レース

ブログの更新が出来ないお詫び

f0206762_2583158.jpg

がん治療で闘病してた時以来のスパンになってしまったブログ更新。
何人かの方々から
「なぜ更新しないんだ」
とお叱りを受けた。

実はケモテラという抗がん剤治療が始まったのです。
これが大変辛い。倦怠感や嘔吐、関節痛などの副作用が出る。

この薬の作用はがん細胞の発生を抑える効果があるのだが、がん細胞以外にも、胃腸の粘膜や血液を造る骨髄細胞など成長の早い正常細胞へダメージを与えてしまう。
その結果、酷い場合には発熱、出血、皮膚のあざ、1日4回以上の下痢、口内炎、黄疸等の症状が発現する。

そうなんです、今とても日常生活を快適に過ごせる状態ではないのです。

それでもレースだけは止められず、状態を隠しながらの参戦。終わればぐったりとして食事すら摂れないほどの疲労感。
とてもブログ更新に手がつけられません。

しかしTYCオフィシャルブログの方だけは更新を欠かす訳には行きません。
青色吐息で何とか最低限の更新だけは行っていますが、ついついこちらのブログがおろそかになってしまいます。

本当はレース内容の記事やメンテの様子、今後の予定等を詳しく載せたいのですが、この状況ではままなりません。

今しばらく体調が戻るまでお待ちください。

必ず以前の用に頻回に更新いたします。
[PR]

by teamstella | 2010-11-17 02:59 | 健康