<   2010年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

課題の残ったベイサイドマリーナオープンレース

f0206762_282476.jpg

128艇の参加を集めて東京湾最大のビッグフリートレースとなった「第13回横浜ベイサイドマリーナオープンヨットレース」。
TYCレース二連勝の勢いで気負い込んだがそうはうまく行かなかった。

当日は朝から4~5m/sの良い風。ゲストバースに舫い艤装を開始。
リコールナンバーもつけて準備万端。出航を待つだけとなった。
f0206762_214176.jpg


レースは上・下1.6マイルのオリンピックコース。
風はスタートの時には7~8m/sまで上がり、一面白波に。ヘッドセイルをNo3にするか悩んだが寸前でヘビージェノアを選択。

ラインもほぼイーブンだったのでスタート後のタクティクスを考え、本部船寄りから出る。
スタートは決して悪くなかった。いや、むしろリコールを心配するほどの飛び出しだった。本部船寄りから出たフリートの中ではトップをキープ。後続を10艇身以上は離した。

暫くすると下振れしたので直ぐにポートに返す。
これも全く余裕で楽々スターボーの艇団の前を切って行けた。
波に叩かれる事もなくスムーズに滑っているように感じたが、どうもヒールが激しい。
それを押さえようとハンドリングするとメインのラフに裏風が入ってしまい艇速が落ちる。
やはり5m以上の風では帆走りがぎこちない。

それでも、この段階では手応えもあった。コース選択を間違えさえしなければトップで行けるパターンと感じていた。
しかし、そろそろ寄せていこうとスターボーに返してみると前をY23の2艇が横切って行く。

その姿を見ると全く艇の帆走姿勢が違う。Y23ではブローが入っても挙動が乱れる事もなく加速する。
我々の船は加速する代わりにヒールしてしてしまう。それを避けようとちょっとでもラフすると加速が鈍る。
その繰り返しでどんどん離されてしまうのだ。

しかも悪い事に上マークを回航しようとアプローチに入ったところ、先にスタートしたクラスの大型艇がポートでマークにへばり付いていた。
「スターボー!」の声を掛けてもどうしようも出来ないみたいだ。
すると突然ポートのまま前に進み出した。
そのままラウンディングに入ってしまうと激突してしまう。仕方なくスターンを回らざる得なかった。

その為マークをかわす事が出来ず、ジャイブして再度マークにアプローチしたが、後から艇団が押し寄せそれらをかわしながらの回航で大きくロス。

これでトップ2艇に一気に遅れて挽回不可能に。

それでも気を取り直しニ上のレグに入るが艇を思うようにハンドリングできない。分かり易く言えばギッコンバッタンの繰り返し。全く帆走っている感じがしない

フィニュッシュレグの3上りに入ると風も落ちて5m以下に。こうなると見違えるように艇が扱いやすくなる。

何とかフィニュッシュするが、結局修正では無念の5位となった。

まぁオープンクラスBの53艇中、9艇と一番参加の多かったY25-MLの中ではトップだったが、軽風域でのパフォーマンスを考えると強風域ので課題が残った。

優勝はYBMの「SPRAY」(Y23-Ⅱ)、2位はTYC同僚艇の「イーグルⅠ世」(Y23-Ⅱ)。やはり吹くとY23が圧倒的に速い。
特にYBMのSPRAYは軽排水スポーツボートに似たある特有の挙動を示す。その動きから同じ23-ⅡのイーグルⅠ世と比べて格段に軽い気がする。
僕はY23(キャロル)、Y23‐Ⅱ(アルファⅠ)、Y23-Ⅲ(アルファⅡ)と3艇を乗り継ぎ、それぞれレース艇に仕上げてきたのでY23は熟知しているつもりだが、SPRAYの艇の動きはこれまで僕が知っているY23-Ⅱにはないものだ。

話は変わるが、実は前半の上りでダクロン&ファーラーのY25-MLに前を切られた。完全にクルージング仕様の姿に思わず目を疑ったが、その帆走にちょっとヒントをもらった。

夢の島に戻り次第、強風対策の艤装をするつもりだ。

◎オープンクラスBリザルト
f0206762_1221643.jpg

[PR]

by teamstella | 2010-10-24 03:08 | レース

Newスピンと身繕い

新しいULLMANSAILのスピンもなかなか良さそうだ。
f0206762_318233.gif

iphoneで撮ったので全体が写らず中途半端な写真だがTYC第9戦の時のもの。
f0206762_3212937.jpg


レース艇は各部の痛みが激しい。
特にジブウィンチは使用頻度が一番高いのでどんなにメンテをしても劣化が著しい。
という訳でジブ用の左右のウィンチを換える事にした。
クルーのTはHAKEN以外は艤装品として認めない。だからHAKEN Winchのアルミニュウム。
もちろん、ここのところの円高を活用してWestMarineへ発注。
f0206762_3111728.jpg

ついでにフォアガイのクリートをカムクリートに変更。今まではクラムクリートを使っていたのだがリリースがし難いと言うことで付け替える事に。これもHAKEN Cam。
f0206762_3151853.jpg

これでStellaのウィンチ&カム&ブロックは全てHAKEN製になる。

またTの頬ずりが見られる。
[PR]

by teamstella | 2010-10-22 03:25 | レース

雨の回航forベイサイドマリーナ

10月20日、23日のベイサイドマリーナオープン出場の為にクルーのOと共に横浜へ向けて回航。Oは海外出張から帰国したばかりなので休みが取りやすかったのだろう、快く同行してくれた。
当日はあいにくの雨の出航となった。
ドッグアウトの時には小雨程度だったが荒川陸橋をくぐる頃には本格的な雨に。
f0206762_1121612.jpg

東京スカイツリーも雨の中に煙る。
f0206762_1144322.jpg

ベイサイドまでは逆潮になるので普段より時間がかかると思っていたのだが、エンジン出力70~80%で6.1Knt出てる。GPSによる対地速度なので実効速度だ。
f0206762_1185974.jpg

エンドプレートをつけてからピッチングが減ったことは先のレースで実感したが、ローリングも少なくなって艇の挙動が安定している。それはOも感じているらしく、盛んに
「スムーズですね、ぜんぜん波に叩かれませんね」
等と嬉しそうだ。

一時間で羽田の新しいD滑走路へ到着。
f0206762_1201647.jpg

すると突然霧の中からパッチワークカラーのジェットホイルが現れてびっくりした。
f0206762_1221986.jpg

あっという間に芝浦桟橋に消えていった。
f0206762_1232984.jpg

一時間半で扇島の川崎シーバースを抜ける。
f0206762_125627.jpg

ここから益々雨脚が強くなり、昼食を摂ったOと舵を交代。コンパニオンウェーに腰掛けてナビゲートに専念する。

約3時間半で横浜ベイサイドに入港。金曜日に僚友艇の「イーグル1世」がサイドバイサイドの予定なのでスプリングも取り、しっかり舫う。

作業も終えたので帰ろうとすると「スバルザカップ」で見かけた見覚えのある艇が入港してきた。
JSAF会長の山崎達郎氏のSun Bird Forever(HANSE 350)だ。直ぐに舫いを取りにいく。
f0206762_1421696.jpg

ヨットには、なかなかないパステルカラーのお洒落な艇だ。スターンのJSAFのマークが眩しい。
f0206762_1443845.jpg

山崎会長も乗っていらした。雨の中ベラシスから回航してきたのだ。
人事を掌握できる人というのは自らの努力を惜しまない。決してデンと椅子に座って構えているわけではない。不変の条理を垣間見た気がした。
f0206762_1455892.jpg

山崎会長の船と同じような色彩のベイサイドマリーナアウトレットモール。
身に着けていた防水性が全く効かなくなったトラウザースをアウトドアショップで買い換えた。
f0206762_2142669.jpg

さぁ、これでベイサイドマリーナレースへの準備は万端だ。
[PR]

by teamstella | 2010-10-21 01:53 | レース

TYC第9戦「オータムレガッタ」

最終戦まで残すところ2レースとなったTYCレース。
このレースでほぼ年間チャンピオンが決まる第9戦の「オータムレガッタ」が10月17日に行われた。

当日はうす曇の肌寒い陽気。風も北風で4~5m程度のまぁまぁの風。
今日はウルマンセイルに頼んであったNewスピンがハーバーに届いたので、シェイクダウンを兼ねた楽しみなレースになる。

レース海面はいつもよりかなり沖出しの千葉寄りに近い場所。
深さもあるため通常のアンカーロープでは本部船が流されてしまい、スタートラインは完全にアウター有利。打ち直してラインを設定し直すが今度は風が振れてまたしてもアウター有利に。

そのままスタート。
ピンエンドに間に合わず、ややアウター寄りからスタート。
写真は即タックして飛び出したところ。一番右側の小さく写っているのがステラ。
f0206762_3494942.jpg

上マークはトップで回航。
Newスピンをホイスト。なかなかいい形をしている。ブローにもリアルに反応し風が抜けても簡単につぶれない。

そのまま一下をトップ回航で二上に向かう。
この頃から風が徐々に弱まり北風特有の振れも激しくなる。ちょっとした位置の差で大きく差が開いたり詰まったりする気の抜けない海況だ。
f0206762_402085.jpg

それでも何とかトップをキープしてニ上回航。
f0206762_3573155.jpg

やはり一番奥で小さく写っているのが僕等ステラです。
f0206762_3593938.jpg

途中、ASTO(JEANNEAU SF32)に抜かれる場面もあったが、抜き返し何とかトップをキープしたままフィニュッシュ。
f0206762_431368.jpg

修正でも文句なしの一位で優勝。これでTYCニ連勝となった。

船底塗料の変更とキールのエンドプレートの取り付けが功を奏しているのだろうか。
確かにエンドプレートを取り付けてからはピッチングが劇的に少なくなった。波を乗り越えたりする場面でもバウが振られたり、大きく叩かれたりする事がなくなった。まさに波を切って突き進む。これには驚きだった。
ただ、まだ5m以上の風では帆走らせていない。一番肝心な強風での挙動がどうなるかが気にかかる。

今週末はベイサイドマリーナオープン。良い弾みになればいいが。

◎リザルト
f0206762_416245.jpg

[PR]

by teamstella | 2010-10-19 04:10 | レース

土砂降りのTBC最終戦

TBC最終戦となった第8戦の10月10日は前日から土砂降りの雨。
ハーバーに着いても雨脚は一向に弱まる気配がない。
f0206762_12443127.jpg

クラブハウス前の階段下などは水溜りになっている。
f0206762_12454582.jpg

余りの豪雨にTBCレース委員長のS氏に電話するとレースは行うとの事。
粛々と艤装の準備を始めた。
f0206762_1247022.jpg

普段の行いが良いからなのだろうか、レース海面に着くと雨は嘘の様に止んでしまった。
しかし風も同時に止んでしまう。

何とかスタートしたが結局上マークで無風の為ノーレースに。やはり普段の行いは良くないみたいだ。

その日のレースは全て中止になったので仕方なくハーバーに戻ったが、このまま帰るのも何かやり残しているようですっきりしない。

そんな中途半端な気持ちを晴らそうと、亀戸にある地鶏が名物の居酒屋に飛び込んだ。
中に入ると一瞬時代を飛び越えたのかと錯覚した。
f0206762_1250412.jpg

不思議な事にこのレトロな雰囲気が何故か居心地が良い。
もちろん頼むのはトリスのハイボール。
f0206762_17273790.jpg

豪快な黒く焦げた宮崎地鶏の炭火焼。肉の塩味と野菜の甘さが相まって絶妙な味だ。
f0206762_19132591.jpg

ふと窓の外に目をやると、名所となった「東京スカイツリー」が同じように中途半端な佇まいを見せていた。
f0206762_12525179.jpg

[PR]

by teamstella | 2010-10-13 12:54 | レース

快気祝いに「うかい亭」

延び延びになっていた身内による快気祝をうかい亭で行った。
f0206762_12474750.jpg

ここは普段はあまり行かないが、年に一二度ほど利用している。豆腐料理が名物で、病み上がりには健康的で大変良い。
f0206762_12492865.jpg

正面玄関に通じる中庭には小さな滝が流れ、小鳥居もあったりしてとても風情がある。
f0206762_12515663.jpg

f0206762_12525528.jpg

しかも武蔵野の銘水も湧き出ている。この水で豆腐を作っているのだと言う。
f0206762_12544157.jpg

テーブルに着くと秋らしいランチョンマット
f0206762_12585856.jpg

舞茸の天麩羅や焼栗、菊花浸しがとても上品で美味しい。
f0206762_130372.jpg

鮎の塩焼き
f0206762_1335953.jpg

炭火で焼いた揚げに、ねぎ味噌や茗荷、鰹節を載せて食べるのだが驚くほど美味しい。
f0206762_1374689.jpg

そして銘水で濾した豆腐と
f0206762_13101095.jpg

豆乳で茹でた湯豆腐
f0206762_1311731.jpg

ご飯は鮭とイクラのわっぱ飯
f0206762_13121518.jpg

全てがあっさりとして飽きの来ない味。この他にも料理が出たのだがお豆腐でお腹がいっぱいになり、とても食べきれない。
最後は中庭の「こおろぎ橋」を渡って帰った。
f0206762_1252432.jpg

満足満足~。
[PR]

by teamstella | 2010-10-08 13:00 | 一般

東京夢の島マリンフェスティバル2010 親子体験レース

f0206762_7295429.jpg

TYC競技委員会の副委員長として、マリーナ最大のイベント「マリンフェスティバル」の「親子体験ヨットレース」にSTELLAが出場しないわけには行かない。

ただし今年はゲストの参加希望者が少ない。出場艇の半数で充分足りる申込み人数。
例年、多くの参加者を送り出す若洲の「マリンプレイス東京」が、行事が重なり希望者を募る事ができなかった為だ。
f0206762_7562893.jpg

我々の船はミニトンクラスで、しかもレース用に特化させてあるのでちょっとした波や乗員の移動で揺れまくる。
ゲストは乗らないだろうと高をくくっていたらマリーナ総支配人の能登氏より直々の電話があり
「うちの職員のTを乗せて欲しい。彼はモーターボート専門でヨットに乗ったことがない。是非ヨットがどういうものか経験させたい。そのためにはレースが一番。ついてはSTELLAに乗せて欲しい。会長にも了解は取ってあります。」
と有無を言わせぬご要望。
快気祝いにSTELLAのハーフモデルを頂いている。断るわけにはいかない。
「ど~~~ぞ、ど~ぞ、大歓迎です」

艇長会議が終わって、ポンツーンに赤いものを小脇に抱え小走りにT氏が現れた。
赤いものはヘビーデューティーなSailing JacketにTrousersのオイルスキン一式だった。
「Tさん、外洋レースでも行くのですか?そんなもの着てこのレースに出たら暑くて死んじゃいますよ。それにだいたい動き難い。今着ている格好で充分ですよ。」
とやんわり必要ないことを伝えた。
「えっ、そうなんですか?寒くないですか?」
モーターボートしか乗っていない人の発言だ。
モーターボートは操船中は殆ど動く作業を必要としない。しかも速度が速い。つまり身体に当たる風で体感温度が低くなる。だから真夏以外は、海=寒い、とこうなる。
もちろん自然をなめてはいけない。いきなりの天候急変はよくあること。その為にSTELLAの艇内には人数分のウィンドブレーカーが用意してある。

一通りヨットに乗る人の動きを説明したあと記念写真。
帽子にサングラスを載せているのが夢の島マリーナのT氏。
f0206762_22104921.jpg

うむぅ・・・デッキに腰掛ける姿がどうも女々しい。よく見ると右足が内股だ。

レースが始まって帆走し始めるとT氏が驚いた様子で
「ヨットって音がしないで走るんですね!!すごい!」
逆にこっちが驚きます。レース中にエンジン音がしたらそれこそ問題です。
f0206762_105539.jpg

T氏は初めての体験に大感激している様子。
意外と動きは機敏。スピンロックやカムの扱い方も直ぐに慣れて指示したことを確実にこなす。クルーとしての要素は持っているようだ。
f0206762_1053019.jpg

T氏が足を投げ出しフルハイクしているのが見える。内股かどうかは良く判らない。(イーグル艇が撮ってくれた写真をお借りしました。)
f0206762_22294386.jpg

レースは体験的な模擬レースという性格もあって上・下1.2マイル 2レグで終了。
StellaはT氏の頑張りもあって38艇中5着でフィニュッシュ。前4艇は全て30ft以上のレース艇。
キールのエンドプレートの効果が確認できるほどの風ではなかったが、まぁまぁの感じではなかっただろうか。

写真は表彰式のあとに全員に配ったアサリのお土産を受け取ろうと皆さんが殺到しているところ。まるで”夢の島漁業市場”のようです。
f0206762_7515263.jpg

僕は写真を撮るのに集中してたらタイミングを逃し、もらい損ねました。。。。。
[PR]

by teamstella | 2010-10-04 22:33 | レース