<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ウィンチの取り付けとニューセイルシェイクダウン

年末の忙しさの合間を縫ってウィンチの取り付けと、出来上がったニューセイルのシェイクダウンを行った。
まずはHARKEN Winchの取り付け。
f0206762_247563.jpg

f0206762_2482685.jpg

順調に難なく完了。
次にニューセイルをアトリウムに運んでテルテールの取り付け。レースの表彰式やイベントを催すアトリウムはアリーナがあり、セイルを広げるには最適な場所である。
まずはメイン。
f0206762_2503333.jpg

次にNo1ライトジェノア。
f0206762_2513525.jpg

丁寧に貼る位置を決めて終了。
TYC同僚艇の「イーグルⅠ世」にチューニングパートナーをお願いして、いよいよテストセイリングに向け出航。
ラッシングも折り目がつかぬように気を使いながら丁寧に巻く。
f0206762_2545927.jpg

風は南で2~4m/s、波はフラット。テストセイリングにはこの上ない好条件だ。
まずはメインを揚げる。
f0206762_2562561.jpg

次にジェノアをセット。
f0206762_302363.jpg

メイン・ジェノアともかなりドラフトが深い。特にメインはローチがついたせいかパワーが顕著になり、メインシートの引き込みが今までと違ってぜんぜん重い。
しかし明らかにブローが入った時の反応が早い。しかも角度もついてくる。以前乗っていたY23の「キャロル」やY23Ⅱの「アルファ」の動きに近くなっているのが感じられる。
f0206762_375911.jpg

ペアチューニング艇の「イーグルⅠ世」号が我々の帆走をビデオで撮ってくれていた。イーグルのブログにアップされているのをお借りした。
これを観るとフォアステイが少し緩いようである。メインに関しては問題なさそう。


最後にスピンも咲かせてみる。
f0206762_3953.jpg

3時間余りのシェイクダウンだったが、まだまだ調整不足だ。特にジェノアの適合風域が掴めない。4m/s程度までの風なら明らかにニューセイルのが速いのだが、それを超えるとヒールが多くなり角度を失うような印象だ。
今回は人数も3人だったので適正人数の4~5人では違ってくるとは思うが、レースの時のセイル選択が難しくなりそうだ。

年明け早々には再度テストセイリングを行う予定。
シーズン・インまでにはニューセイルのシェイクダウンを完璧に終えたい。
[PR]

by teamstella | 2009-12-24 03:20

HARKEN Winch

ここの所の円高のメリットを受けようと、来年付け替える予定だったドグハウスのウィンチを前倒ししてWestMartineに発注した。
頼んでから一週間程度で早くも届いた。
ドグハウスの両サイドのウィンチをこれに装換する。主にハリヤード類の上げ下げに使う。
f0206762_18234426.jpg

一緒に発注した専用ウィンチグリスも到着した。
f0206762_18255266.jpg

ニューセイルも20日頃には出来上がるとラムダセイルから連絡があった。

セイルといえば、今年度レースクラスBで総合優勝したTYC同僚艇の「ボンフリーハート」(YOKOYAMA30R)もヘッドセイルを新調して年内に出来上がるらしい。
偶然にも同じレースクラスBの「CAVOK」(YAMAHA31S)もメインを新調している。
シェイクダウンは3艇一緒にやろうとお誘いがあった。

レースは冬にどれだけ練習したかでそのシーズンの成績が決まるといってもいい。

今年の冬は忙しくなりそうだ。

クルー達にその覚悟は出来ているのだろうか・・・・
[PR]

by teamstella | 2009-12-07 18:41

世界最大のバカラのシャンデリア

今年も恵比寿ガーデンプレイスに飾ってあるバカラのシャンデリアを見に行った。
この時期になると恵比寿ガーデンプレイスのプロムナードはクリスマス一色になる。
入り口にある大きなクリスマスツリー前に敷いてあるレッドカーペットを下りると、その先の中庭に世界最大のバカラのシャンデリアが飾ってある。
f0206762_258894.jpg

これがそのシャンデリア。
前には特設ステージが造ってあり、これから始まるクリスマスLiveのリハーサルをしていた。
f0206762_19483727.jpg

男女混声ゴスペルコーラスグループらしい。
f0206762_19505877.jpg

ちょうど音合わせをするところに居合わせた。
f0206762_1952538.jpg

普段着姿で唄うコーラスグループなどはめったに見られない。なにせ手にペットボトルやポットを持ったままの女性や、ショルダーバックを斜めに掛け、ビニール傘を持ったままで歌う男性メンバーもいる。偶然飛び入り参加しましたという感じで、なんとも気軽な雰囲気だ。
Mariah Carey の「All I want for Christmas is you」(邦題=恋人達のクリスマス)を唄う。これが結構うまい!シャウトやフェイクなどプロ顔負けである。バックコーラスも声がよく出てハーモニーも綺麗。
リードボーカルのリズムがちょっとやばいところがあったが、まぁこれはリハということでご愛嬌。


クリスマスイブにはバカラシャンデリアの周りに人工雪が降る。
一度見たことがあるが、粉雪にシャンデリアの光が反射してキラキラ輝きとても幻想的だ。
そんな雪が舞う中で、このゴスペルグループのコーラスを聴きたいと思った。
[PR]

by teamstella | 2009-12-06 20:04

来シーズンに向けての準備

前々から気になっていた、トラベラーレールを留めているボルトの出っ張りをサンダーで削った。
トラベラーレールを乗せる台座をオリジナルで作ったため、レール指定の5mmのボルトでは長さが足りず、6mmのボルトを使った為に頭が僅かに出てしまっていた。
順風程度ではカーはスムーズに動くのだが、ちょっとでも風が強くなるとカーが斜めに引っ張られのでボルトの頭に引っかかって動きが悪くなるのだ。
ポートサイドの3本と
f0206762_13162277.jpg

スターボーサイドの3本。
f0206762_1318742.jpg

火の粉を飛ばしながらジスクサンダーで削り取った。
レールと面一になったポートサイドと
f0206762_1326462.jpg

スターボードサイド。
f0206762_13263894.jpg

レールも少し削れてしまったが出っ張りはなくなった。
削ったところに電蝕防止の油性塗料を塗り完成。
f0206762_13284384.jpg

綺麗になった。
f0206762_13295398.jpg

ちょうど作業が終わったところにラムダセイルの五十嵐氏がお見えになる。
来シーズン用のセイルの発注でI・J・P・E を計りに来ていただいた。

現在ステラのセイルはヘビージェノアと純正プラン通りのスタンダードメイン、それとNo3ジェノアしかない。
前にも言ったがメインセイルはレーシング用にしては相当小さい。ミニトン全日本選手権の参加を目的としていた為にインスペクションに合う様に作ったためだ。
ところがミニトンクラスは今年からIRC採用になったため、セイル計測は行われなくなった。レギュレーション以内であればプランは自由に作れる。

まずレーシング用メインセイルを依頼した。当然それなりのローチもつく。ただしルールを無視したような馬鹿でかいビックローチはバランスが悪くなるばかりでなくマストに過分なパワーが掛かり危険である。
許容範囲内で品良くお願いした。
ローチの張ったセイルではタックした時にバックステーにリーチが引っかかる。それを防ぐ為にワイヤーを後ろに引っ張るバテンもマストトップに既に取り付けてある。
f0206762_14151488.jpg

今まで使っていたメインセイルはトライスル用にリカットをする事にした。だから新しく作るメインにはリーフポイントはつけない。
それとヘッドセイルのライトジェノアも同時にお願いした。
ヘッドセイル・メインセイルともクロスは最新のスーパーライトウェイトのカーボンタフェタ ラミネート。軽い上に強度はケプラーと遜色ない。色はグレーにした。
これでステラはレーシング用レギュラーメイン、強風用メイン、ライトジェノア、ヘビージェノア、NO3ジェノア、4.5ozスピン、5.5ozスピンとほぼフルにセイルが揃う。

来シーズンに向けて着々と準備が整った。
[PR]

by teamstella | 2009-12-02 13:58