stellaの修理

f0206762_1345356.jpg

前月のレースで重傷を負ってしまったStellaの修理がいよいよ始まった。
大きな個所はポート側のスターンに空いた穴のFRP積層修理と、曲がってしまったポートデッキの2本のスタンションの修理。同時にストレスのかかったポート側にある5本のスタンションは全て抜いてシール剤の充填をし直さなければ、雨が漏ってビルジが溜まってしまう。
梅雨時の晴れ間を狙っての作業だからなかなか捗らない。

Stellaはハルが赤い。赤と云う色はどうしてもくすみや紫外線の影響を受けやすい。修理個所との色の差が出てしまうとあまりに醜い。
この辺りがどこまで保険費用でカバーできるかが難しい問題になってしまう。色々な意味で微妙な課題を抱え込んでしまった。

それよりなにより、今回しみじみ感じた事は、ぶつけた側よりもぶつけられた側のが精神的なダメージが大きいと云う事である。これまでにもぶつけられた事はあったが、これほどまでのダメージを受けた事はなかった。一時は本当にヨットをやめようとさえ思った。

権利、非権利に関わらず衝突と云うことは絶対に避けなければならない。
その為に、これからはもっと事前に危険回避を考えてコースを引くなりポジションをとっていきたい。
[PR]

by TeamStella | 2012-07-13 13:31 | 一般