遠隔転移② ルンバール(腰椎穿刺) 検査

f0206762_9334991.jpg

白血病への移行や、中枢神経へ遠隔転移が無いか骨髄液を採取して調べた。検査方法はルンバールと云う方法で、背中に針を刺し椎骨から骨髄液を抜き取る。

主に腰椎の4番5番目ぐらいの椎骨から採取する。

背中を押しだすように膝を抱え込みぐっと丸め、出来るだけ椎骨間の間隔を広げ、目指す椎体に刺しやすい体位を取る。

麻酔も効いているので大して痛みはないが、脳に直結している髄液を抜く訳だから、頭蓋内圧が下がり独特の頭痛が発生する。非拍動性のドンとした痛みだ。それを予防するために施術後すぐに生食を点滴で入れてもらう。おかげで全く頭痛は起らなかった。

検体を病理検査に回すので確定診断は1週間ぐらい先になる。

もし陽性ならもう何もしないつもりだ。ひたすらヨットに打ち込む事にしよう。

ケ・セラセラだ。
[PR]

by TeamStella | 2012-07-11 10:26 | 健康